アルミトラスとはabout

弊社のアルミトラスの特長

アルミトラスは一見単純な形状をしているので「簡単に作れそうだ」と思われている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?
しかし、経験のない工場、設備のない工場、ノウハウのない工場でいいアルミトラスは作れません。 アルミトラスは強度が大変重要です。
弊社は自信をもってお勧めできる品質の商品を取り扱っております。

弊社のアルミトラスには、主材に32φの2.5mm肉厚パイプを使用しております。 これが例えば主材に32φの2mm、アングル部分に40幅 4mmのものを使っている場合、 このほんの少しの違いで『折れ』『ねじれ強度』に倍以上の差がでます。

弊社商品の一番の強み、それは長く弊社施工の展示会に使用しているということにあります。 安全面、機能面ともに信頼できる商品しか取り扱っておりません。 品質、パイプの肉厚、製品のゆがみ、ねじれ、そして強度。 他社の製品とじっくり比べてみてください。数多く存在する粗悪品とはわけが違う!
弊社で扱っている素材には揺るぎない自信があります!

ご要望に応じて、弊社にてアルミトラスの実物をご覧になることも可能です。 ぜひ一度お問い合わせください。

【納期に関して】
300角クランプ式アルミトラスは基本的に在庫しておりますので、在庫確保ができ次第翌日発送が可能です。 ただし夏、秋は在庫が薄くなります。 ご発注はお早めにお願いいたします。 また本数が多い場合は、ご注文の前に一度ご相談下さい。

ボルト式とクランプ式の違い

トラスとトラスの真ん中に1本増やす場合、ボルト式では、接続部に必ず300角の部材が必要となります。 真ん中のアルミトラス1本の他に、接続部材2個とアルミトラスを4本買い足さなければなりません。
クランプ式なら、真ん中のアルミトラス1本足すだけで簡単に接続できます。

新規導入には300角トラス クランプ式がおすすめです。 ボルト式と違い、自由自在に組み合わせることができ、何パターンものレイアウトの幅が広がります。
新しく部材を追加する際にも、クランプ式は非常に容易です。

クランプ式とボルト式の違い

ボルト式も取り扱っております。
完全受注生産になります。
仕様・価格についてはお問い合わせください。

「クランプ」とは

クランプ式アルミトラスの接続に必要な連結用部材を指します。 インパクトを使用することで、初心者の方でも簡単かつスピーディーにアルミトラス同士を接続させることが出来ます。 実際の接続には複数個のクランプが必要となります。 (接続例は写真をご確認ください。)

「クランプ」とは
お電話でのお問合わせ
0120-102-548 受付時間 9:00~18:00 (土日祝を除く)
  • 無料お見積り・お問合わせ
  • webカタログはこちら
  • ショールーム見学