アルミトラスの最新利用シーンをお届けします

2019.04.19  コラム  

皆さまこんにちは
日本一のアルミトラス販売メーカーのゼンシンです。

本日は、アルミトラスの最新利用シーンについてご紹介いたします。
通常アルミトラスと言えば、展示会や催事・屋外イベント・音楽フェス等でしばしば目にするかと思います。
そこで最近市場を賑わせているシーンを紹介いたします!

●目次

1.モーションキャプチャーとは何か?

2.アルミトラスに照明をつける方法

3. モーションキャプチャーでよく使われる形状について

 

1.モーションキャプチャーとは何か?

近年、モーションキャプチャーと呼ばれる言葉を耳にする機会増えてきました
モーションキャプチャとは、3次元グラフィックスにおける開発手法のひとつで、人間などの動きを測定してコンピューターに取り込む技法のことです。
コンピュータグラフィックスの動作データや各種シミュレーションに用いられ、ソフトウェアでそのデータを処理することで、生身の人間の動きを再現することが出来るので非常にリアルな動作をさせることができます。
これにより、ゲームなどに登場するCGキャラクターの動きも、ロボットのような動きではなく、よりリアルな人間の動きになります。意外にも日常生活の中でモーションキャプチャーをの技法の発達の恩恵を受けているのではないでしょうか?

AIやデジタル技術の発達に伴い、PV等の撮影躯体としてアルミトラスを導入される企業様が増加傾向にあります。

 

モーションキャプチャの撮影シーンのイメージ

 

モーションキャプチャーを撮影は宙に多数のカメラを定点固定する

 

天井から撮影する場合にはカメラを取り付けるゲートが必要になる

 

2.アルミトラスに照明をつける方法

アルミトラスでモーションキャプチャーの躯体を構成することにより、照明や機材の取り付けも非常に簡単です
照明取り付けの際は以下、取り付け金具を使うことでスムーズに施工できます。

<1>照明にクランプの棒状になっている箇所を通してネジで固定する ※両端のネジを締める
<2>設置したい場所、角度を決めてアルミトラスに引っ掛ける
<3>φ32mmの径に挟み込みネジを締める

どなたでも簡単に設置頂けます。取り付け動画で是非取り付け方法をご確認下さい。
※「クランプ」と呼ばれる接合部材も販売しておりますので是非、この機会にご相談くださいませ。

 

 

▼照明の取り付け方を動画で見る

▼照明取り付け金具

照明を取り付ける時に使用する「クランプ」という部品

 


 

3. モーションキャプチャーでよく使われる形状について

モーションキャプチャーや屋内にトラス設置する場合の形状は以下写真の櫓(やぐら)の様な形が比較的多く見られます。
その理由は、安定性・荷重性共にバランスの取れた構造だからです。
この様な櫓の形状の柱にアンカーベースや400角ベースで補強を入れることで更に安定性も増します。

 

天井構造があるので高い位置からの撮影が必須のモーションキャプチャーに最適

 天幕やターポリン幕の取り付けも可能で非常に汎用性の高いアルミトラス。
イベント、催事、屋内設置をご検討の際は是非ご相談ください。

参考:https://xr-hub.com/archives/866

---------------------
日本一のアルミトラス販売メーカーのゼンシン
The アルミトラス
屋外イベント用ツール「凄い屋外」
運営:株式会社ゼンシン 

★資料請求 / お問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
0120-102-548 受付時間 9:00~18:00 (土日祝を除く)
  • 無料お見積り・お問合わせ
  • webカタログはこちら
  • ショールーム見学